笑顔の婦人

大きくなったコレステロールを放置しておくと脂肪肝になる

疲れ目とは違う目の痛み

目の疲れ

仕事やプライベートでパソコンなどの作業を長時間していると目に痛みを覚えることがあります。少し休んで回復するのならばただの疲れ目の可能性が高いのでそんなに心配しなくても良いのですが、長時間痛みが取れない場合もあります。そんなときは注意が必要です。その症状は眼精疲労と呼ばれるもので、放って置くと体に悪影響を及ぼします。代表的な症状としてはドライアイが挙げられます。パソコンで作業をしていると自分でも気がつかないうちに瞬きの回数が減ってしまいます。結果、目が乾いてしまい涙が出ずらくなり、視力低下や痛みを引き起こします。パソコンやスマホの普及によりいろいろと便利になった現代ですが、眼精疲労は新たな問題としてこれからも増えていくでしょう。

放置しておけない眼精疲労。普段から早めの対策が必要です。目に違和感を感じたら意識的に瞬きの回数を増やしたり、休憩を挟んだりすることが大事です。他の対策としては、つぼをマッサージするのも眼精疲労に効果があります。こめかみや鼻の付け根を強めに押してやると疲労改善に効果的です。また、目の周りにはつぼが集中しているので全体的に刺激を与えると効き目が実感できます。その際の注意点として、まぶたの上から眼球を押したりするのは逆効果ですので注意が必要です。強い圧力を眼球に与えると傷つく可能性があります。短時間で効果を得たい場合は目を温めると良いでしょう。レンジで温めたタオルを目の上に一分ほど置いてやると驚くほど疲れが取れます。